朽ちても美しい古道具

#78

朽ちても美しい古道具

2015.10.16

Share

ヴィンテージというほど高い価値があるわけではないけれど

味があって、どこかほっこりあたたかい古道具。

ひとつ置いただけでも、そのまわりには

使い古されたモノだけがつくりだせる、やさしい空気感が漂います。

mayu1.jpg

木や陶器、ガラスやアイアン。朽ちることにも美しさが感じられる本物の素材。

現代のシャープなデザインとは違って、丸みのある愛らしさ。

工業製品であってもどことなくにじんでくる手づくり感、アナログ感。

時が止まっているような、何十倍も何百倍もゆっくりと時計を刻んでいるような。

そんなモノに触れると、せわしない日常からちょっとだけワープできそうな気分になります。

mayu2.jpg

写真は、廃校になった小学校をショップやカフェ、イベントホールに利用している北海道・十勝地方の豊頃町にある「とかるね」。

わたしが住む北海道には廃校を利用した施設がたくさんあって、民宿にしているところなどでは、その雰囲気を楽しみに北欧など欧米から泊まりに来る人が多いと聞いたことがあります。

mayu3.jpgのサムネイル画像

mayu4.jpgのサムネイル画像

いま持っているものも愛着をそそぎながら使い込んでいけば、いつかは味わいのある古道具に。

そういう家具や雑貨を1つでも持ち続けられたら、うれしい・・・と思います。

Related Entries | 関連記事

Luonto ルオント

自然とつながる、自然体で暮らす。

北欧の家「Luonto」を見る

Luonto Mail Member

ルオントのメール会員
登録は【名前】と【メールアドレス】だけ、スマホでも簡単!

無料でメール会員に登録する

CATALOG

ルオントのカタログ

今すぐ資料請求

TOP