再注目のアーティストBjorn Wiinblad(ビョルン ウィンブラッド)

#75

再注目のアーティストBjorn Wiinblad(ビョルン ウィンブラッド)

2015.09.24

Share

先月、デンマーク・コペンハーゲンの郊外で行われているBjorn Wiinblad(ビョルン ウィンブラッド)の展覧会に行ってきました。とても感動したのでご紹介したいと思います。

北欧好きの方なら、"あっ、この絵どこかで見た事があるっ!"という方も多いかと思いますが、ウィンブラッドはデンマークを代表とするイラストレーターでもあり、作家としても活動するマルチなアーティストです。

20150918-15e143280dfb5ee53dd77418a282594249fbb666.jpg

デンマークNymolle社やドイツRosenthal社など食器の会社からも沢山の作品が産まれており、当店でも随分前から扱っています。

さて、展覧会が行われていたのはコペンハーゲンの20㎞南に位置するIshøjStrandparkにあるAREN美術館。船のような形のモダンな美術館です。過去最大のコレクションとあり、とても大きなエキシビジョンでした。

kaneuti.jpg20150918-439ec3dbcebf26ebc4c6aa196a5355f07d47fd07.jpg

とにかく多彩な才能の持ち主で特に印象的だったのが陶器、舞台衣装、ポスターで実際に本物を見るのは初めて。もうワクワクが止まりませんでした。私の知り合いは実際に1970年代にこの舞台を見たとの事。本当に羨ましいなぁと思います。

20150918-ed9cda63aea6b55383bd1fe9c8878f17beaa528c.jpg

バレエやデンマークの遊園地チボリ公園のポスターも手がけていてとってユーモラスでかわいい。彼の作品は本当にハッピーでカラフル。夢のあるデザインばかりで、革新的でした。

戦争が立て続けにあり決して明るくはなかった時代に、ポスターやプリントでできる食器を販売する事によってアートを大衆化して、お金持ちでなくてもアートを日常に取り入れてハッピーになれる、そんな事を考えていたのだそうです。

実際、彼の写真はどれも笑顔ばかり、今回彼の事を深く知られてとても嬉しくなりました。2006年に88歳で亡くなられましたが、今デンマーク本国でも彼の作品が見直され、昨年2014年には新しい食器が発表されるなど再注目のアーティストとなっています。

Related Entries | 関連記事

Luonto ルオント

自然とつながる、自然体で暮らす。

北欧の家「Luonto」を見る

Luonto Mail Member

ルオントのメール会員
登録は【名前】と【メールアドレス】だけ、スマホでも簡単!

無料でメール会員に登録する

CATALOG

ルオントのカタログ

今すぐ資料請求

TOP