アートでめぐる北欧(2)ノルウェー

#39

アートでめぐる北欧(2)ノルウェー

2015.05.12

Share

ヴィーゲラン彫刻公園/オスロ

ノルウェーといえばオーロラやフィヨルド観光で人気があり、雄大な自然景観が魅力の国。

アート面では「叫び」で超有名な画家ムンクの美術館がオスロ市内にあり、世界に4点ある「叫び」のうち、2点をここで鑑賞することができます。

カフェでは「いやめてぇ~!」という絶叫が聞こえそうな、悶絶顔そのままのスイーツが名物に。

ええ、いただきましたとも。

ムンクもいのですが、オスロを訪れたらぜおすすめしたいのが、市内から電車で行ける「ヴィーゲラン彫刻公園」です。

グスタフ・ヴィーゲランはノーベル平和賞のメダルをデザインしたことでも知られる彫刻家で、ちょうど20年前、札幌芸術の森で開催されたヴィーゲラン展を観たのが、はじめての出会い。

人間の体温や感情がありありと伝わってくるような作品に、私は感激のあまり固まりました。

そして、いつか彼の彫刻公園へ行きたいと願い、十数年来その夢をあたためてきたのです。

20150508-d7957dfd2e6017aefb474aadd9e17fbf1e033b06.jpg 20150508-8d602dec23bcab313aa56a1e12b11ac5b6ca13c0.jpg

公園は約32万㎡という広大な敷地に、花と緑がいっぱい。

の中に200点以上もの彫刻(もちろんヴィーゲラン100%)が展示されており、子どもから老人まですべて裸、人間そのものがモチーフです。

20150508-ef65e6e470db4992969d18b3cd9a1c3d3b41b101.jpg

なかでも泣きながらダダをこねる男の子「おこりん坊」はいちばんの人気者で、家族の絆や筋骨隆々の男たち、未来を感じさせる女の子など、ユーモラスで躍動感のある作品群は飽きさせません。

20150508-63907b91d13a06ba2e41e023d5f0e8294b56a76d.jpg

公園シンボル「人間の塔」は高さ17mにおよび、121人の老若男女が絡み合うようにして天に連なる作品。

人々が複雑にうごめくようなさまは人生の縮図を表現したものだといわれ、そのおどろしさとともに今も記憶に焼き付いています。

Related Entries | 関連記事

Luonto ルオント

自然とつながる、自然体で暮らす。

北欧の家「Luonto」を見る

Luonto Mail Member

ルオントのメール会員
登録は【名前】と【メールアドレス】だけ、スマホでも簡単!

無料でメール会員に登録する

CATALOG

ルオントのカタログ

今すぐ資料請求

TOP