穴あきバゲットのホットドッグ

#18

穴あきバゲットのホットドッグ

2015.03.06

Share

ホットドッグというとパンに切り込みを入れて、その間にソーセージをはさむスタイルをイメージすると思いますが、デンマークのものは少し違います。

何が違うかというと、パン。真ん中がくり抜かれた筒状の穴あきバゲットなのです。

コペンハーゲンの駅前など街角に立つスタンドでよく見かけるのは、このタイプです。

そして、このバゲット、いわゆるフランスパンのように硬すぎず、外側はパリッと歯ごたえがありつつも

ほどよく優しい食感で、中はモチモチしていて美味。

現地で食べたことのある人に聞くと、ケチャップなどは入っているもののレタスなどの具材はなく、

穴の中にソーセージを1本詰めただけのごくシンプルなものなんだとか。

それが日本に渡ってきて、日本人の手にかかると...

DSC02250.jpgのサムネイル画像

写真のホットドッグのようにレタスが入ったり、まったくのオリジナルアレンジでスイーツ系に変身したりします。

こちらは私の住んでいる札幌市内の「レリンズ ワン」というお店のホットドッグで、パンは本場デンマークから輸入したライ麦入りを使用しています。

DSC02242.jpgのサムネイル画像DSC02253.jpgのサムネイル画像

中はこんな感じ。1本すっぽり入ってます。

筒になっているからケチャップやマスタードがたれてくることもなくて手を汚さずに

片手でパクパク食べられるので女性に人気。

DSC02243.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

もし、どこかでこの穴あきバゲットのホットドッグを見たら、

「遠くデンマークから、はるばるやってきたパンなんだぁ」と想像を巡らしながら味わってみてくださいね。

DSC02256.jpgのサムネイル画像

「レリンズ ワン」は札幌市豊平区平岸3条3丁目1−29営業時間/10:30〜18:30 不定休

ネットで調べてみると神戸市のJR須磨駅のすぐ近くにもデンマーク人の方がオーナーのその名も「コペンハーゲン」というお店があり、

「フランクドッグ」というメニュー名で売られているようです。

 

Related Entries | 関連記事

Luonto ルオント

自然とつながる、自然体で暮らす。

北欧の家「Luonto」を見る

Luonto Mail Member

ルオントのメール会員
登録は【名前】と【メールアドレス】だけ、スマホでも簡単!

無料でメール会員に登録する

CATALOG

ルオントのカタログ

今すぐ資料請求

TOP