コッコネンさんのおうち

#7

コッコネンさんのおうち

2015.01.27

Share

スカンジナビアデザインの家具や照明は日本の住まいとも相性がよく、愛用者も多いと思います。

自然素材を大切にしたものづくりや、花鳥風月を愛でる文化に共通点があるのかもしれませんね。暮らし上手といわれる北欧の人々、どんな家に住んでいるのか興味津々ですが、親しい友だちでもいない限り家に遊びに行くなんて機会はないでしょう。

でも!インターネットなどで事前予約できる「名作住宅見学」という手があります。

ここで紹介するのは、フィンランドの建築家アルヴァ・アアルトが作曲家のヨーナス・コッコネンのために設計した一般住宅。

R0013707.jpg

ヘルシンキから北へ約35キロ、ヤルヴェンパーという小さな街。地図を頼りに駅からてくてく歩くこと数十分、緑に包まれるようにひっそりとその家はありました。1960年代後半の建築とは思えないほど手入れが行き届き、まったく古さを感じさせません。アアルトがデザインした家具もそのまま残され、このまま住みたい!と思わせるほどの心地よさ。それもそのはず、コッコネン亡き後は彼をリスペクトする音楽家、ピアニストとオペラ歌手のカップルがここを管理しているのです。建築やインテリアのガイドはもちろん、見学が終わると自慢の演奏と歌声を披露してくださり、ダイニングでコーヒーとドーナツまでご馳走に。アアルトらしい波型のデザインを堪能し、椅子でくつろいだり窓の景色にうっとりしたり。旧知の友人宅を訪ねたような楽しい時間でした。

R0013723.jpgR0013676.jpgR0013835.jpg

R0013770.jpg

Related Entries | 関連記事

Luonto ルオント

自然とつながる、自然体で暮らす。

北欧の家「Luonto」を見る

Luonto Mail Member

ルオントのメール会員
登録は【名前】と【メールアドレス】だけ、スマホでも簡単!

無料でメール会員に登録する

CATALOG

ルオントのカタログ

今すぐ資料請求

TOP