すてきな朝のおまじない

#2

すてきな朝のおまじない

2015.01.27

Share

私、すずこの家では夫のとこさんが朝のコーヒーをつくる係です。豆を挽くミルは木でできた手動式のもので、真鍮のレバーをきこきこ回しながら根気よく挽いていきます。このとき、豆挽きの回転リズムに合わせてとこさんも腰をふりふり。私はキッチンの隣りの洗面台でお出かけのメイクをしながら、その光景を飽きもせずおもしろがっています。豆挽きが完了し、セットしたドリッパーに挽き粉がちいさなピラミッドをつくると、とこさんは右手の人差し指を山の頂点に軽く埋めるようにして叫ぶのです。「コピ・ルアック!」もう、お気づきですね。映画「かもめ食堂」のあのシーン。

20150127-2e2b90b6a06ea6a4fa40ceb9c1e6fe3826004298.jpg

フィンランド人の元店主が「コーヒーは人にいれてもらうほうがおいしいんだ」といって、サチエさんにコーヒーを飲ませるときにいうセリフ。コピ・ルアックとは、ジャコウネコの糞(!)から採取される未消化のコーヒー豆で、その独特の香りと希少性で幻のコーヒーといわれているのだとか。それをおいしいコーヒーをいれるためのおまじないとして、つぶやくのですね。楽しいものには影響されやすいとこさんは、映画を観た翌日からさっそく実践。それからというもの、わが家で「コピ・ルアック!」を聞かない朝はありません。そして、ムーミンのマグカップになみなみとコーヒーが注がれて、きょうも機嫌よく一日がはじまります。

Related Entries | 関連記事

Luonto ルオント

自然とつながる、自然体で暮らす。

北欧の家「Luonto」を見る

Luonto Mail Member

ルオントのメール会員
登録は【名前】と【メールアドレス】だけ、スマホでも簡単!

無料でメール会員に登録する

CATALOG

ルオントのカタログ

今すぐ資料請求

TOP