陶芸作家 Rosa Ljung

#54

陶芸作家 Rosa Ljung

2015.06.08

Share

今回はスウェーデンの陶芸作家RosaLjung(ロサ・ユング)をご紹介します。

陶芸動物で人気の北欧作家と言えばリサラーソンですが、その次に私が思い浮かぶのは他でもないこのロサの作品たち。

20150603-1.jpg

私のお店でも開店した時からずっと扱っている作品なのですが、彼女の作品は北欧にいる動物がモチーフの中心になっています。

私が住んでいる北海道とスウェーデンは季節も気候も似ているので、馴染みのあるリスやフクロウが作品の中にいて親近感があります。

しかも彼女のつくる動物たちは表情豊かな可愛らしいデザインばかりで、見ているとホッとするような、そんなところが気に入っています。

20150603-2.jpg

販売は、南スウェーデンのヘルシンボリという街に1955年に開業したDECOという会社でした。

花器やジャグなどが中心でしたが、1960年代になって外部のデザイナーを招いて制作を始めるようになります。

そのデザイナーの中で一際成功を収めたのが、ロサでした。

イタリアからインスピレーションを得たと言われる白地にお花をあしらったハンドペイントは、ビッグヒットとなりました。当店でも取り扱っているシリーズです。

日本の家庭にこけし人形や木彫りのクマがあったように、スウェーデンの家庭にはロサやリサの置物があったのではないかなと推測しています。

20150603-3.jpg

鳥の中では鳩が定番で、リス、フクロウ、馬、ネコなどもあります。

アイテムには様々な形のキャンドルスタンド、花器、入れ物なども作られていました。

毎回買付けに行く度に見た事が無いデザインと出会い、心躍ります。

そんな事もヴィンテージの雑貨を集める楽しみの1つとなっています。

Related Entries | 関連記事

Luonto ルオント

自然とつながる、自然体で暮らす。

北欧の家「Luonto」を見る

Luonto Mail Member

ルオントのメール会員
登録は【名前】と【メールアドレス】だけ、スマホでも簡単!

無料でメール会員に登録する

CATALOG

ルオントのカタログ

今すぐ資料請求

TOP