すてきすぎる!フィン・ユール邸

#49

すてきすぎる!フィン・ユール邸

2015.05.25

Share

マイホームを真剣に考えてみようかなってとき、住宅展示場やモデルハウスを参考にするのもいいけれど、一生に一度、せっかく建てるのだから、思い切って気になる建築家の家を見に行くという手もあります。

旅も楽しめることだし。

私が憧れのフィン・ユール邸見学を果たしたのは、2014年の夏。

フィン・ユールは建築家というよりデンマークの家具のデザインのパイオニアとして知られ、なかでもペリカンチェアが有名。

1942年に30歳の若さで建てた自邸は、コペンハーゲンから列車で20分の街にあるオードルップゴー美術館(あのザハ・ハディドさん設計!)の敷地内にあり、週末に一般公開されています。

20150520-8cea5a8ea3d5ef8c3a28b1f91bbcdb72c3c44a41.jpg

三角屋根の2棟の平屋がエントランスと一体になったサンルームで連結され、すがすがしいほどにシンプルなデザイン。

20150520-4829812d5eeafb5118d142cfccb2721decd59917.jpg

白い壁に、開口部まわりに施された差し色が映え、実にチャーミングなのです。

室内の撮影はNGなのでお見せすることはできませんが、買ってきた本の表紙でご想像を。

20150520-16a90ce5c4f02ed2e95a025af32864f1374c34d6.jpg

ざっくりとした木のフロアにレンガを敷いたファイヤースペースが感じよく、椅子や家具はすべて彼のデザイン。

建築とインテリアが完璧に調和した空間は魅力にあふれ、長居しても飽きません。

お隣の美術館のカフェでランチをはさみ(ペリカンチェアに座れます)、午前と午後の光を味わうのもすてき。

自分ならこの家でどんなふうに暮らそうか。

お気に入りの空間でのシミュレーションほど、楽しいものはありません。

20150520-5f6f4c6a07c6df45d17544837b5bf6973b1a3a33.jpg

Related Entries | 関連記事

Luonto ルオント

自然とつながる、自然体で暮らす。

北欧の家「Luonto」を見る

Luonto Mail Member

ルオントのメール会員
登録は【名前】と【メールアドレス】だけ、スマホでも簡単!

無料でメール会員に登録する

CATALOG

ルオントのカタログ

今すぐ資料請求

TOP