アートでめぐる北欧(1)フィンランド

#38

アートでめぐる北欧(1)フィンランド

2015.05.11

Share

国立近代美術館キアズマ/ヘルシンキ


とくにアート通というわけではありませんが、旅先で必ずといっていいほど訪れるのが現地の美術館です。

ほとんど例外なしに建築がすばらしいし、ミュージアムカフェでひと息つくのも楽しみのひとつ。

街の喧噪から解放され、落ち着いた気分でアート鑑賞というのはなかなかにいいものです。

そんなわけで、アートを軸にこれまでにめぐった北欧4カ国を4回シリーズで紹介したいと思います。

第1弾は森と湖の国フィンランド。

首都ヘルシンキは人口約60万人のほどよいモダンシティで、気軽なカフェから高級レストラン、マリメッコなどのブティックが中心部にきゅっと集まった、安全で気持ちのいい街。

そんなヘルシンキ中央駅のすぐ隣りにあるのが、「国立現代美術館キアズマ」です。

20150509-91d491b1d47dd5297c3d74fa348b56d9bc8cbe16.jpg

ショッピングの後にぶらりと寄れる気軽さもうれしいですね。

アメリカ人建築家スティーブン・ホールの設計でも知られ、建築好きにはハズせないスポットにもなっているようです。

現代美術館だけで空間デザインも斬新で、流線型のやわらかなフォルムが印象的。

白を基調とした吹き抜けの空間に、各フロアを結ぶぐにゃりとねじれたような階段や長い滑り台のようなスロープなど、館内を歩き回るだけでも楽しい美術館。

20150509-0a3da92b38ee34f37a139d9b97e8efbf7dfa3b90.jpg  20150509-b700d2eabf41878594a24acd676136ff603ad022.jpg 

展示室も大小さまざまで、デジタルアートやモダンアートの企画展が常に開催されていて、想像力を刺激されたり、???と作品の前で立ち止まったり。

ちなみにカフェは蛍光色のプラスチックチェアが並ぶカジュアルな雰囲気。

こんな場所でお茶するのも非日常的でいいかもですよ。

20150509-f5331a06a94663842f2669147256b133d9c0454a.jpg

Related Entries | 関連記事

Luonto ルオント

自然とつながる、自然体で暮らす。

北欧の家「Luonto」を見る

Luonto Mail Member

ルオントのメール会員
登録は【名前】と【メールアドレス】だけ、スマホでも簡単!

無料でメール会員に登録する

CATALOG

ルオントのカタログ

今すぐ資料請求

TOP